私の趣味である手芸について

私の趣味である手芸について 私は学生の頃、手芸クラブに所属していました。手先は不器用でしたが、先生の優しい指導で手芸がどんどん楽しくなっていきました。集中力も身につきました。フェルトを使ってマスコットを作ったり、生地でバッグを作ったり、クロスステッチも作り上げていきました。作品ができあがることで大きな達成感を得られ、大きな喜びになりました。また、それを誰かにプレゼントして喜んでもらえるのも嬉しかったです。やりがいがあり、手芸は作っている間も、できあがってからも、どちらも幸せを感じることができます。心が満たされます。

私は手芸クラブで学んだ後も、日常生活でよく手芸をしています。自分の子供に、大好きなキャラクターのマスコットを作ってあげたり、カバンを作ってあげたりしています。どの作品にも、愛情が込められています。下手ではあっても、子供は大喜びしてくれます。子供の笑顔を見ることができる喜び、店には売っていないオリジナルの物を作ることができたという喜び、それらを感じることができます。手芸で覚えた技術は一生役に立ちます。学生時代に手芸クラブで学んだことは、私にとって本当に価値のある、充実した時間でした。

これからも、日々の生活でどんどん手芸を取り入れ、楽しみたいと思います。

Copyright (C)2014私の趣味である手芸について.All rights reserved.